非日常の世界へようこそ

クルーズ船、いわゆる豪華客船で鍼灸師として働くMITSによるブログ。船のことについて自由気ままに書いていきます。それが役に立つ情報なのか役に立たない情報なのかは受け取る人次第。このブログでは誰が何と言おうが自分が書きたいことだけを書いて行くブログですので過度な期待はしないでください。

豪華客船で働くことを決めるその前に知ってもらいたいこと

職場を決める時、

あなたにとって大切な事はなんですか?

 


給料が良い事ですか?
休みがしっかり取れる事ですか?
待遇が良い事ですか?
人間関係が良い事ですか?
労働環境が良い事ですか?

 

 

このブログへ来てくれた人の中には豪華客船で働いてみたいと考えている方が多くいるのではないかと思います。


しかし、豪華客船で働いている日本人の数がまだまだ少ない上に情報発信をしてる方が少ないのであまり情報収集が出来ていない方がほとんどかと思います。


僕も船に乗る前の情報収集には苦労しました。

そして、情報が少なすぎたので考えるのをやめました笑

 

ネットで情報を集められたとしても船の良い事ばかりですし、

説明会などに行っても大体悪い事は言わないでしょう。

 

まあ、それは豪華客船の仕事だけに限らない事ですが。

 

 

 

 

 


僕自身も豪華客船の仕事の良さについての記事を書いて来ました。

 

鍼灸師として豪華客船で働くという選択 - 非日常の世界へようこそ

豪華客船で働くクルーが教える船で働くメリット - 非日常の世界へようこそ

 若手鍼灸師こそ豪華客船に乗れ - 非日常の世界へようこそ


そして、船に乗りたいです!という方から連絡をもらう事が増えて来ました。

 

みなさん、豪華客船での仕事に憧れを抱いているように思います。

 


しかし、

あなたは、


「豪華客船って夢みたいな職場だ!ここで働きたい!」と幻想とも言える思いを持ってしまい、
実際に働き始めて理想と現実の違いに打ちのめされて仕事を辞めるという選択をする人もいるという事を知っていますか?

 

苦労して船に乗ったのに1、2ヶ月で船を降りる選択をした人を僕は直接見て来ました。

苦労してお金と時間をかけて乗ったのにあまり良い思い出がないまま1度目の契約を終え、
2度と船に乗らないと言って船の仕事から離れる人を見てきました。


あなたには船という職場がどれだけ大変な職場なのか理解出来ていますか?

 

契約の期間は、基本毎日仕事があります。

職業によって違いますが、
7〜9ヶ月毎日仕事があります。

週休2日、祝祭日休みなんてありえません。


労働時間も1日10-12時間は当たり前。

夏休みも冬休みもお盆休みも正月休みもゴールデンウィークもシルバーウィークもありません。

 

よっしゃ、今日は半日休みだ!

とスパメンバーにとっては嬉しく思う日でも6時間は働きます。

 

週の労働時間は60時間以上が当たり前です。

これでも労働環境が良くなった方で、
昔はもっと大変だったらしいそうですが。

 

特にスパメンバーは、契約が終わりに近づくにつれ身体の不調を訴える人が増えていきます。

 

多いのは、腰痛、手首の痛み、偏頭痛、生理不順、船酔い


ストレス太りで契約の初めに比べて船を降りる頃には体重が10kg増えたなんて事もよくあります。


6ヶ月〜9ヶ月の契約を終える頃には身体はボロボロになります。

 

給料だって、
時給換算して仕事の大変さから考えれば、
日本で働く方が船で働くより良いんじゃないかと思います。

 

鍼灸師に関して言えばそうとは限りませんが。

 

 

それでも魅力的な仕事である事には変わりないので何年も船で働くクルーが居るのも事実です。

 


豪華客船とは接客業です。

人と接する事を避けては仕事になりません。

 

そして、船に乗る前の鍼灸師の方がおそらく一番理解していないのが、

豪華客船での鍼灸師の立ち位置はドクターでありながら、
スパで働くメンバーの1人であるという事です。


これを言っても、


ん???

それが???


という反応な方がほとんどなんじゃないかと思います。

 


船で働き始めてから実際に苦労していろいろな失敗して初めて僕が言ってる事をやっと理解する事が出来ると思うので文字だけで本当の意味で理解する事は難しいかもしれません。

 

僕が言いたい事を簡単にいうと、

自分本意の治療だけをしていては患者さんの信頼を得る事が出来ないし、
自分勝手な行動を取って居るとスパで孤立していきますよ。
そして、船での生活が辛くなって行きますよ。


って、事です。

 

 


個人的な思い込みかもしれませんが、


豪華客船で働くという選択をする人は、
それだけでもう世間一般と感覚がズレてるような気がします。

だからか良くも悪くも船には変な人が多いです。

 

さらに、鍼灸師という職業を選ぶ人も世間一般とは感覚がズレている人が多いように思います。

 

つまり、

鍼灸師になって、豪華客船で働くという選択をする人は世間一般からすればだいたい奇人変人変態の類なんじゃないかと。

悪口じゃないですよ〜
良い意味で奇人変人変態ってことも含めていますので。
悪い意味も含めてますけど笑

 

 

僕も自分自身がまともな考え方を持ってるとは思ってないですし、
客観的に見れば頭のネジが2、3本飛んでいる自覚もあります。


だからこそ、
船での仕事を4年も続けていられるのかなって思ってますし。


それでも他のスパセラピストからすればかなりまともな鍼灸師だと捉えられています。

 


まあ、それは他の鍼灸師が輪をかけてぶっ飛んでるからみたいですけどね。

 

 

スパの友達から他の鍼灸師の話を聞いてると正直軽く引くレベルです。

普通に考えればやらないであろう事を平気でやってます。

どんな話かはここでは書けないレベルなんで自粛しますが。

 

 

スパという職場は、
コミュニケーションスキルが大切です。

 

同僚と良い人間関係を作れない鍼灸師は苦労すると思います。

 

女ばかりの職場で働くという事、

豪華客船のスパで働きたいという方はそこのところをよく考えてください。


スパ以外の仕事で豪華客船で働こうと思っている方は逆に男ばかりの環境で生活する事になるという事を頭に入れておいてください。

 


すべての人に共通して言えるのは、

最初の1、2ヶ月は必ず苦労します。


その苦労を乗り越えた先に新たな苦労が待ってます。


そして、4ヶ月を超えた所で生活が楽しくなり、

5ヶ月を超えた所で身体と心の疲れがピークに達し、

契約が終わりを迎える7〜9ヶ月頃には刑期が終わりに近づく牢屋に閉じ込められてる人の気持ちがわかるくらいにバケーションが待ち遠しく感じます。

 


僕は最初の契約の7ヶ月が1年以上あったんじゃないかと思えるほど長く感じました。

 


つまり、一番最初の契約はいわば修行みたいなものです。

もちろん、楽しい思い出もたくさん出来ます。

しかし、その何倍もの苦労が待ってます。

 

本当の船の楽しみを知れるのは2回目の契約以降だと個人的には思ってます。

 


だから、本当に強い意志が無ければ船で働く事をオススメしません。

 

豪華客船で働く事をゴールにせず、
さらにその先のステップへ進む為の踏み台として船で働く形が一番良いと思います。

実際、僕もそうですし。


修行だと思えば船での苦労を乗り越えて行けますので。

 


これから豪華客船を目指す方は、
船の良い所だけを見るのではなく、
大変であろうこともしっかり考え、
さらにその先、
船の仕事を辞めた後まで考えて船で働く準備をするのが一番良い形なんじゃないかと僕は思います。


そうすればきっと船での生活を楽しむ事が出来、
あなたの思い描く理想に近づけますよ。

 

どんなものにも表と裏、
闇と光があるということを忘れずに、
そしてそれらすべてを楽しむ気持ちを持って豪華客船という道を選んでくれたらと思ってます。


MITS

 f:id:mits1991:20170917164423j:image